2011年4月に書かれた投稿を表示しています。

GWがはじまりましたね!
今日もお天気がよかったので夕方近くに中目黒までお散歩してみたのですが、なんだか少ない気がしました。みんな都内を脱出しているのかしら…。

私は明日祖母や家族親戚とお墓参りに行く予定です。
祖父のお墓がある霊園は埼玉の越生というところにあり、緑がきれいなとても広い公園のような敷地なので、ちょっとしたピクニック気分で毎回おじいちゃんに会いにいくのですが、なんと明日は雨のようです…。

そして母の日も近いので、実家の母にフラワーエッセンスのエイジレスラスターをプレゼントしようかと思います。といっても母は、エイジレスラスターが発売された昨年以来購入して飲んでくれておりますが(毎朝ミキサーでつくるバナナジュースにいれて飲んでいるんですって)。

もともと明るくて元気な母ですが、より色々なことにチャレンジして生活を楽しんでいるような気がします。すでに4本くらい使っているかと思いますが、毎日飲んでいることで心にハリと元気がみなぎっているようです。
そろそろなくなるという頃にはすぐに注文がはいります。
「もうポタポタがなくなるからちょーだい」と。
明日会ったときにエイジレスラスターを飲んでからの変化がどのようなものか詳しく聞いてみようと思います。そういえばちゃんと聞いたことがなかったので。

ということで、あなたも母の日にカーネーションとエイジレスラスターはいかがですか?
ヒレーガーデンでは母の日企画もやってます。5日までのお申し込み分まで承ります。
よかったらご利用くださいね(^^)


ヒレーガーデンのFacebookページにご参加ください

ココロとカラダを潤す情報をどんどん発信しています!
毎月の新月、満月アラームにもぜひご活用ください。

最近周りの友人たちに伝えると、その反応から、もっと多くの人に伝えたほうがいいのではと思うことがあるので今日はここでご紹介しますね。
ただ、この件は最終的にはおひとりおひとりで判断されてください。

震災が起こり、現在も原発問題が収束せず、毎日様々な報道がされています。
いたずらに恐怖心を煽るような情報、または「安心だ安全だ」とよくわからない根拠のなか伝える政府からの発表。
はたしてどれを信じればいいのか本当にわからなくなりますよね。

そんな中、稲恭宏さんという東京大学で放射線を専門に研究している博士(医学者、科学者)が、放射線に対するこれまでの考え方を180度変える情報を発表されました。

稲博士は東京大学医学博士で、もともとはガンやエイズなどの免疫学的治療法、
遺伝子治療、が専門でした。
しかし副作用のあまりの酷さや、その副作用で動物実験でもパタパタと死んでいき、
患者さんも次々と亡くなっていくといった状況に直面し、
世界初の革新的治療法を発見するために、臨床医学から、研究の分野へ転向しました。
そして今では、「低線量率放射線療法」という画期的な治療法を確立したとして、
国連科学委員会、WHO(世界保健機関)、IAEA(世界原子力機関)、ユニセフ、国連食料農業機関(FAO)、各国科学アカデミー、NASA、世界トップレベルの大学ならびに研究所などから、大変な賞賛と期待を受け、実際に、老若男女、人種を問わず、ガンや難病、精神疾患などを患ったたくさんの方々が、身体の負担も副作用もなく、大変元気になっているようです。

その稲博士が、今回の福島原発の放射線量は全く問題ない!と断言されています。その根拠は、「放射線量率」にあるそうです。

テレビのニュースなどでは、繰り返し 『 線量 』 『 放射線の量 』 と言っていますが、大切なのは 『 線量 ( 放射線の量 ) 』 ではなく 『 線量率 ( 放射線の強さ ) 』 だそうです。

また、線量 ( マイクロシーベルト ) と 線量率 ( マイクロシーベルト/時 ) を単純にそのままの数字のままで比較して報道してしまっています。
これは、わかりやすく言えば、 移動距離 ( km ) と 時速 ( km/時 ) とを、数字をそのまま比較してしまっているのと同じだそうです。
これも大変問題で、国民と世界を誤解させているそうです。

稲博士が講演の中で次のような例で説明されていました。

「丼いっぱいのお塩を短時間で全部飲み込めば倒れてしまいますが、
お塩を舐めちゃダメと言われたら、人間も生きていけません。」

放射線も同じで 『 単位時間当たりの放射線の強さ ( 線量率 ) 』 が何よりも大切だそうです。

そして
「チェルノブイリがプロボクサーに思いっきりなぐられるとしたら、
福島原発は、お母さんが赤ちゃんのほっぺたをなでるくらい」だそうです。

稲博士は、世界で初めて、放射線の線量率について詳細に医学的研究をされ、
どれくらいまでの線量率なら安全で体の活性化・正常化作用があり、
どれくらい以上の線量率になると体に悪影響を及ぼすかを、世界で初めて発見されました。

今回は、昨今の放射線に対する様々な報道に対し、多くの不評被害、また誤った理解で不安に貶められている日本国民に対して、どうしても伝えなければいけない真実だということで講演がされたようです。

私はすごくしっくりくる、そして納得できるお話だと感じたので、
今回ご紹介させていただきましたが、最初にもお願いしましたように、
最終的にはご自身で判断されてくださいね。

人間はきちんとその環境にあったカラダにできている。
日本人は日本にいる限りだいじょうぶなんだと強く思わせてくれる情報でした。

福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演

14分ほどの動画が6本あります。お時間のある方はすべてご覧になられることをオススメします。


ヒレーガーデンのFacebookページにご参加ください

ココロとカラダを潤す情報をどんどん発信しています!
毎月の新月、満月アラームにもぜひご活用ください。

前回も書いたのですが、今週はとても重要な週です。
もうなにかびっくりするようなことは起こりましたか??

どうしてもご紹介したかったので、
今日もまたkeikoさんのブログから抜粋させていただきます。

まず明日(20日)の19時17分、
太陽が牡羊座を離れ、「安定」を意味する牡牛座に移動。

これだけでも、私としてはほっとするところです(++;;)
というのも、太陽が牡牛座に入ることで
「原子力」を司る冥王星とトライン(調和角)になるから。

原発の問題は、
今後7年間にわたる大きなテーマであると同時に、
日本という国が背負っているカルマと深い関りがあるので、
そう簡単に解決することはありません。

でも、太陽と冥王星がトラインになることで
これまでのような刺々しい雰囲気は和らいでいくでしょう。

22日は月と太陽が調和角を形成し、
つづく24日、水星が順行に戻ることで
いよいよヒトやモノの往来が正常化に向かいます。

情報活動が活発になりますから、
今回の災害でキャンセルになった会合やセミナーといった
「情報交換の場」が、軒並み再開になるでしょう。

ここ1ヶ月半ほど動きたくても動けない状況が続いていましたが、
この時期、じっくり自分と向き合った人にはそろそろ「結果」が出始める頃。 

すでに嬉しいニュースを手にした人もいるんじゃないかな。
それは多分、思いもよらないニュース。
いい意味で予想外の知らせだったはずです。

「え~ じっくり自分と向き合う時間なんてなかったよ~」
という方。大丈夫、まだ時間はあります(^^)

24日までの5日間で自分の魂が何を求めているのか
今いちど対話をしてみてください。

「いま、真っ先に変えたいものは何か」 
まずはこの部分をクリアにしましょう。
それさえわかれば、今後やるべきことはおのずと決まってきますから。

どうして、この記事をご紹介したかったか。
様々な情報が溢れる今、こういった前向きで元気がでる情報は絶対に必要だと思うからです。
そして起きているそのこと事態だけではなく、なぜそれが起きているのか、なぜ今なのか、それはすべて宇宙の采配だということを知ることで不安や恐れは絶対に軽減されるはずだと思うのです。

私たちの魂はみな、今回の人生での宿題をもってこの世にやってきているので、その人生の目的をきちんと記憶しています。
ぜひ魂と対話してみましょう。

リコネクションを受けられている方は、きっと常日頃からそれができているかと思います(目的の方向に常に進んでいるので)が、この時期は特にもっとよく内面をみつめてみるとまたまたびっくりするような発見や展開があるのだと思います。

楽しみですね!!


ヒレーガーデンのFacebookページにご参加ください

ココロとカラダを潤す情報をどんどん発信しています!
毎月の新月、満月アラームにもぜひご活用ください。

明日は満月です

満月 2011年4月17日

明日4/18(月)は天秤座で満月が起こります。

この一週間は人生を覆すような出来事(または情報)があるそうですよ!
びっくりするようなこと。
でも悪い意味ではなく良い意味で解釈するといいそうです。

おなじみになってきました、占星術家のkeiko さんは次のようにおっしゃっています。

その出来事や情報によって世界が一変するでしょう。
これまで自分が偏ったものの見方をしていたこと、ひとつの角度からしか物事を観ていなかったこと、ちっぽけな世界で生きていたこと、それを否応なく知ることになりそうです。

人間は思い込みのイキモノです。両親の教育や育った環境に加え、人生体験によって形作られた「思い込み」の中で、すべて生きているのです。ひとつひとつの決断が、この「思い込み」に基づくものであることは言うまでもないでしょう。けれど、そんな思い込みも、たったひとつの出来事や情報でまるっきり覆されることがあるんですね。  
明日からの1週間は、その可能性がおおいにあります。  
人、仕事、出会い、情報… あらゆることにオープンでいてください。  
混沌としたこの時期だからこそ、私達は意識を変えなければ。  

明日という一日は占星術の観点からみてみると激動の一日のようです。
それが私たちに与える影響はとても大きいのだといえるのでしょう。

「意識を変える」今求められている一番重要なことだと思います。

思い込みを覆す出来事をちゃんと受け取れるように、
そして意識をかえていけるように、
明日からの一週間も大切に過ごして生きたいですね(^^)


ヒレーガーデンのFacebookページにご参加ください

ココロとカラダを潤す情報をどんどん発信しています!
毎月の新月、満月アラームにもぜひご活用ください。

今こそ音楽!

Diary 2011年4月16日

毎年楽しみにしているクラシックのお祭り「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」が残念ながら今年は大幅にプログラムを変更しての開催となることが決定しました。
やはり、海外アーティストたちの来日キャンセルが重なったことが原因のひとつのようです。残念だけどしかたない… でもざんねん!!

一度は、「日本を元気付けるために、いまこそ音楽が必要だ!」
ということで熟考の末に開催を決めたと聞いていましたので、それでもアーティストたちが来日を取りやめてしまったことがとても悲しいです。

あまりにも真実とかけ離れた報道が海外でされていることもあるようで、それで必要以上に日本への恐怖心をもってしまったこともあるのでしょう。それでも日本にやってきてくれる外国人の方々は本当に素晴らしいです。感謝です。

本当にこんなときこそ音楽は必要ですよね。
感動に心を震わすことも、元気をもらうのも、勇気付けられるのも
気軽に聴ける音楽から… というのが多いと思います。

今日ふと時間があいたので、久しぶりに映画でもみようとツタヤにいってかりたものがなんと3本全て音楽を主題にしたものやミュージカル映画でした。全然意図してなかったのに。
家に帰ってきて気付きました。
とりあえず「マンマミーア」をみました。
頭空っぽにしてみられる元気注入映画でした(^^)
でも泣きましたけど…。

疲れていたのか、元気がなかったのか… 自分ではそんな自覚はなかったけれど、潜在意識によって選ばれたものがすべて答えなのですね。

偶然にもさきほどテレビで「のだめカンタービレ」がやっていました。
やっぱりオーケストラはいいなぁ。
どういう意図でこれが放送されていたかわかりませんが、
音楽の力で日本を元気にしようという経緯で放送されていたとしたら、フジテレビかなり見直しちゃいます。とってもうれしいです。

被災地で生の音楽が聴けるチャンスがこれからもっと増えていくといいなとせつに願います。


ヒレーガーデンのFacebookページにご参加ください

ココロとカラダを潤す情報をどんどん発信しています!
毎月の新月、満月アラームにもぜひご活用ください。